姓名判断における五格|子供が良い人生を歩めるように…姓名判断で良い運勢の名前を

姓名判断における五格

たくさんのろうそく「

姓名判断においては、以下の「五格」を占います。

総格:姓名の総画数。人生(特に晩年)における総合運を示します。
天格:苗字の総画数。家系の宿命を示します。
地格:名前の総画数。未成年期における素質、知力・体力を示します。
人格:苗字の最後の文字と、名前の最初の文字の画数の和です。社会人としての才能・対人関係を示します。
外格:総格から人格を引いたものです。生活環境の質を示します。

上記の五格が複雑に関係するため、姓名判断は奥深い占いとなっています。例えば「地格」を名付けによって「大吉」とした場合でも、「総格」、「人格」、「外格」が「凶」となってしまう恐れがあるのです。
非常に難しく奥深い姓名判断ですが、姓名の中でコントロールできるのは実は名前のみ、という事実が一つ重要になります。以下で、「名前の画数を調整すると何が起きるか」を見ていきましょう。
例えばもし、名前の最初の文字の画数を1増やすと、何が起きるでしょうか。順に見ましょう。

総格:姓名の総画数ですから、1増えます。
天格:苗字の総画数ですから、増減する機会自体少ないです。
地格:当然、1増えます。
人格:苗字の最後の文字と、名前の最初の文字の画数の和ですから、1増えます。
外格:総格が1増え、かつ人格も1増えるという事は、変化しません。

つまり、名前の最初の文字の画数を1増やすと「総格」、「地格」、「人格」が1増えます。「外格」には影響しませんから、「外格」の占い結果が良い場合にはそれを維持できます。
これが名前の他の文字の画数になると、今度は「人格」の占い結果を維持できます。それを考えつつ名付けをしましょう。