姓名判断の実例|子供が良い人生を歩めるように…姓名判断で良い運勢の名前を

姓名判断の実例

四ツ葉のクローバー

姓名判断の占いについて、実例を見てみましょう。
日本において最も多い苗字は、「佐藤」姓と言われています。また、日本で最も多い名前は一説には「実」だそうです。
では、「佐藤実」さんの姓名判断結果を見てみましょう(同姓同名の読者がおられる場合には申し訳ない)。

佐藤実さんの場合、「佐」が7画、「藤」が18画、「実」が8画なので、

総格:7+18+8=33(吉)
天格:7+18=25(吉)
地格:8(吉)
人格:18+8=26(凶)
外格:33-26=7(半吉)

という占い結果になります(画数による吉凶判断は、流派によって異なります)。
つまり、佐藤さんは家系の宿命はさほど悪いものではなく、人生や若い頃の素質においても問題はありません。ただ、「人格」が「凶」になってますね。
人格は社会人としての才能・対人関係を示しています。人格が「26」の場合の、「凶」の運勢は以下のようになります。

社会人として、他人の心の動きや状況の変化を的確に把握します。神経質で、頭がよく回り義理人情に厚いです。厳しい試練にも立ち向かう芯の強さを持ちますが、家庭では子供の事で悩まされたり、家族との親密さを欠き、孤独を味わいます。

つまり人格が「26」だと、仕事の面では活躍できますが家庭の中では孤立しがちになる、という運勢になります。これは「凶」ですね。家庭での孤立は辛いです。
以上のように、姓名判断ではそれぞれの五格それぞれの画数に対して占い結果とその詳細な運勢が示されます。たかが占い、されど占い、です。